登録販売者について

登録販売者の資格が欲しい人へ

登録販売者というのはドラックストアなどで一般用に市販されている医薬品を売ることができる資格の一つになっています。
登録販売者が1人いるだけでドラッグストアでは第2類や第3類医薬品の販売が可能になるので、どこのドラッグストアでも必ず求人情報を出しています。
登録販売者はお薬の調合などができないので、処方箋を扱うことはできません。
また、第1類に分類されている医薬品を販売する事もできませんので、前述の通り、第2類第3類医薬品の販売のみを行うことが可能になっています。

でも実際にはドラッグストアなどで販売されているお薬は第2類第3類医薬品ばかりですので、わざわざ薬剤師の資格を取らなくても登録販売者の資格を持っていれば十分働いていくことができます。 この資格が欲しい人は通信教育などでも学ぶことができるので、自宅にいながら勉強したいと言う主婦の方にも人気があります。
薬のアドバイザーとして働けるので薬剤師ほど専門的な知識がいらないというのは資格が目指しやすいですね。

登録販売者はどこで働くの?

登録販売者の試験に合格した後は、主にドラッグストアで働いていくことになります。
近年では様々なドラッグストアがチェーン展開をしており、登録販売者が足りないということも含めてきました。
一つのエリアの中に複数のドラッグストアがあるので資格を取った後、今すぐにでも働きたいと思った時に活躍してくれる資格になっています。

本格的なドラックストアだけでなく大きなデパートの中に入居しているお薬の販売コーナーなどでも働くことができるし、その他、お薬を扱っているコンビニで登録販売者として働いていくこともできます。
やっぱりこの資格がなければ出来ないお仕事なので、特別視されることも多く場所によっては資格に対する手当をもらうこともできるでしょう。

おやすみは取りやすい?給料は?

登録販売者の給料はそれぞれのお店などによって違ってくるのですが、決して少ないといったイメージのものではありません。
ニーズの高い資格となっていて、経営側としては登録販売者がいなければお店そのものを存続させることができないので、その分重宝されるようです。
お休みに関しては人員不足になっているところ以外なら、ある程度は取ることができるでしょう。

極端に人手不足になっているドラックストアなどはお休みが取りにくくなるので、これに関しては職場を決める際にしっかりと確認しておいた方が良いですね。
年中無休で営業しているドラックストアなどでは、登録販売者を複数人雇っていないと順番に休みを取ることができません。
特にご高齢者の方が多い地域ではドラックストアでも様々な質問が飛び交ってくるので、薬剤師さんはこのような対応に追われてしまい、その他の部分は登録販売者が補うという形になります。
しっかりと休みを取りながら働いていきたいのであれば、勤務体制が整っている職場選びをしてください。