学生

法政大学について

法政大学現代福祉学部

法政大学現代福祉学部では、福祉領域における専門知識が習得できる学部です。人間の健康で幸福な暮らしを福祉ではウェルビーイング(Well-Being)と呼ばれており、現代の日本に浮かび上がる問題を福祉の視点から解決していこうという学問です。

現代福祉学部には、「福祉コミュニティ学科」「臨床心理学科」に別れており、それぞれの専門分野を学ぶ機会が得られます。

福祉コミュニティ学科では、社会福祉士や精神保健福祉士を目指す学生を対象に、実際に行動して実践力を養う実践形式のカリキュラムが多く用意されています。また、少人数のゼミを採用しており、個々の学生に応じて専門分野の指導を取り入れています。

福祉の現場では、様々な価値観をもつ人との触れ合う機会が多く、試験にでてくる問題の答えのように正解を導き出すことは非常に難しいとされています。ある程度のケースを想定して学習が進められますが、それら知識が実際の現場で100%活かせられるというわけではありません。そのため、状況に応じて柔軟な対応ができるよう実習や演習を通して、現実的な答えを模索していきます。

臨床心理学科では、心のケアをしつつ患者の自己効力感(self-efficacy)を高め、身体の内側からサポートしていく人材を養成します。心理学は様々な領域がありますが、臨床心理学科では、心理学という理論と実際の臨床場面で必要となる実践知識の習得を目指せます。

こちらも講義だけではなく、教育相談センターや病院、エンカウンターグループ研修から、不登校児と一緒にキャンプするなどの臨床心理フィールド実習が用意されており、実践的なスキルを学びます。

取得できる資格

現代福祉学部で取得できる資格には4つあります。

福祉コミュニティ学科では、国家資格である社会福祉士や精神保健福祉の資格取得が可能です。これらは、厚生労働大臣が指定するすべての科目を履修し単位を修得すると受験資格が得られます。

そのほか、図書館司書や博物館学芸員、任用資格では社会教育主事と社会福祉主事が取得可能。教育の分野では、中学校教諭1種(社会)や高等学校教諭1種(社会)(※平成29年度入学者まで)、学校図書館司書教諭の資格取得が目指せます。

臨床心理学科では、国家資格である公認心理師や認定心理士の資格取得が可能です。もちろん、受験資格には、指定された科目を履修し単位を取得する必要があります。ほかにも、「資格課程」と任用資格は、福祉コミュニティ学科と同様の資格が取得可能で、教職課程において、高等学校教諭1種(公民)と学校図書館司書教諭の資格が目指せます。

学生生活

法政大学では、1人暮らしの学生が多く、学生の中には学生マンションに入居している人もいます。学生マンションでは、防犯対策が一般的な物件に比べると高く、学生の生活をサポートしているため、これから1人暮らしを考えている学生にはメリットの多い物件の1つです。また、学生に適した物件の紹介やアルバイト情報を提供するなど、学生生活をサポートしていることも特徴です。
食事や家具家電付きの学生マンションも多く便利なので、法政大学を受験する予定の場合は、一度学生マンションの下見に行くといいでしょう。合格発表前から予約できるマンションもあるため、早目の確認をおすすめします。
法政大学(市ケ谷キャンパス)向けの学生会館/東京の学生会館総合情報サイト 学生会館ドットコム