微笑む子供とカウンセラー

チャイルドカウンセラーについて

チャイルドカウンセラーの資格

チャイルドカウンセラーは、聞き慣れない名前かもしれませんが、医療や福祉、教育現場にて活躍している児童心理のスペシャリストを指しています。
この資格は、一般社団法人である日本能力開発推進協会が認定するもので、独学での取得はできない資格です。
資格取得を目指す場合には、まず、チャイルドカウンセラー資格の認定を行う日本能力開発推進協会が定める認定講座の受講を申込みが必要です。
課題の提出、メールやFAXを使った臨床心理士の指導を行って、チャイルドカウンセリングに関する基礎的知識や応用編を学習します。

全てのカリキュラムを最後まで修了することで、チャイルドカウンセラーになる為の検定試験の受験資格を手に入れることができます。
アスペルガー症候群の子供、言葉を話せないという自分からSOSのサインを出せない子供とのカウンセリング方法を学ぶことができるのが大きな特徴です。
カウンセリングを上手に継続させる方法や、筆談で行うテクニック等、多くの技や知識の習得を目指します。
チャイルドカウンセラーの検定試験は、在宅でも受験が可能であり、資格の勉強スタートから取得までの全過程を在宅で完結できることも大きなメリットです。

チャイルドカウンセラーの資格は、早くとれる人は4ヶ月程で取得できますので、比較的とりやすい資格といえます。
教育現場、あるいは子供と触れ合うことが多いという仕事に従事されている人は、自分のスキルを高める為に資格をとるケースも多いようです。

チャイルドカウンセラーの特徴

チャイルドカウンセラーとは、子供を中心にカウンセリングを行い、心のケアをすることが求められます。
具体的には不登校やいじめ等の問題から、暴力や非行の問題等、現代社会に生きる子供たちの悩みを緩和することを目的として、心のケアを図ることです。
対象になる子供とは、幼児から高校生までとなりますが、その子供の両親の心のケアを行うカウンセリングもあります。
子供とどう接してよいかと悩む両親に対して適切なアドバイスを行うことで、円満な親子関係に導いたり、家庭環境の改善等にもサポートをする機会も多いようです。

どんな人が向いている?

子供は学校と家庭という狭い世界で生活をしていますので、どちらかに問題が発生すると、行き場を失い、居場所がなくなってしまいます。
カウンセラーという客観的な第三者であるという立場から、誰にも話せない悩みを聞き出すことが大切な役割です。
チャイルドカウンセラーは、子供になつかれやすい、人の話を聞くことが好きだという人に向いている職業といえます。
子供と関わる仕事に就きたいと考える人に向いており、保育や教育関係の仕事に挑戦するという方にお勧めの資格です。
実際に職場においても相談役として活躍することができるでしょう。
就職する際のプラス要素になる資格の1つです。
🌸保育関連の求人を探すなら・・・保育士の求人・転職│保育のお仕事