悩むサラリーマン

産業カウンセラーについて

ストレス社会で戦う企業の方をサポート 産業カウンセラー

無理をしすぎて心を病んでしまうと言う方は少なくありません。
特に、ストレス社会で戦うビジネスパーソンの場合、メンタルを壊してしまうまで頑張ってしまうと言う方も多いでしょう。
そうならないためにも、定期的にガス抜きを出来る場所、愚痴をはけるような場所として設立されたのが、産業カウンセラーです。

産業カウンセラーは、企業内で様々な従業員から相談を受ける仕事を行います。
仕事の愚痴を初め、パワハラやセクハラの相談など、企業の様々な問題、働く上での悩みを、カウンセラーに相談することで、適切なアドバイスを貰う事が出来るでしょう。
ただ話を聞いて貰うというだけでも、ストレス解消できたと感じて居る方は少なくありません。

企業カウンセラーには守秘義務がありますので、決して話した内容を漏らすような真似はしないでしょう。
安心して愚痴をはける場所、企業内の雰囲気を良くする場所として、多くの企業で採用されています。

従業員への徹底的なサポートを行う

産業カウンセラーは、従業員を始め、働く人々のメンタルヘルスケアを行なう事が1つの仕事です。
心の問題を抱えて本格的なうつ病になってしまう前に、ガス抜きをする事ができる環境として、多くの企業で重宝されています。

次に、キャリア開発の援助を行なう事も、産業カウンセラーの仕事として知られているでしょう。
ビジネスパーソンの多くは、出世したい、もっと仕事が出来るようになりたい、でもその為に何をすれば良いのかと悩んでいる方が少なくありません。
そんな悩みを抱える人たちに寄り添って、的確なアドバイスを行っていくことも、産業カウンセラーの仕事です。

そして、職場における人間関係の改善へのサポートも、重要な仕事になるでしょう。
人間関係の悪化は、業績の悪化に繫がることはもちろん、人材不足を悪化させる事に繫がります。
放置していると企業としてはどんどんマイナス方面に向かってしまいますので、快適な職場作りをするために、適切なケアを行なう事も重要なポイントと言えるでしょう。

もちろん、直接本人達と話合いをするというわけでは無く、様々な方からの相談を受けた上で、研修を行ったり、必要に応じて上層部に報告をしていきます。
研修を行なう事で、上手くいけば状況改善、状態改善に繫がるケースも多く、ストレス指数も激減する傾向があるでしょう。

このように、産業カウンセラーは、企業にとってプラスになるよう、様々なケアやアドバイスを行っていくことが仕事です。
企業内で募集をしている所も多いため、勤め先は意外と見つかりやすいでしょう。
メンタル面だけでは無く、企業研究もキチンと行って職務に勤めることが大切です。