リフレクソロジストについて

リフレクソロジストとは具体的にどんな仕事なの?

皆さんは、足裏マッサージなどを受けたことがありますか?
近年では様々なリラクゼーションのための施設が増えてきていますが、その中の一つに足裏マッサージがあります。
この足裏へのマッサージや様々な刺激を専門的に行うことができるのは、リフレクソロジストと呼ばれる資格保持者になっています。

リフレクソロジストになるためには高校を卒業した後で公認の学校に入学する以外にも、大学や専門大学などを卒業したあとで公認校への入学をするという方法があります。
また、認定試験は随時行われていますので、高校を卒業して受験資格を持ち合格すれば、すぐにでも資格を持つことができるでしょう。
万が一1回2回と失敗してしまうことがあっても複数回チャレンジをして資格を取得することができます。

単純に足裏マッサージなどをするだけでなく、生活習慣に関しての適切なアドバイスを行うことや、カウンセリングを行うことなども求められますので資格を取るまでの勉強内容は一言で簡単だと言えるものではありません。
ただし、リフレクソロジーを用いることで体や心の不調を和らげていきますので、多くの方々、そして施設から求められるお仕事の一つになっています。

働くのはどんな場所が良いの?

以前はリフレクソロジストが働く場所といえば、保健所やリハビリセンターが中心でした。
しかし近年では前述の通り様々なリラクゼーション施設が増えてきていますので、こういった施設で働きながらストレスを感じている方や体の疲れを感じている方にリラックス効果を与えることができるようになりました。
特にリラクゼーション施設はどんどん増えているので、就職先を見つけるにも困らないといったメリットがあります。

リラクゼーション系に特化した施設にも様々なところがあり、エステサロン意外にもスパ施設のような温浴施設でもニーズが高くなってきています。
このほかホテル内のリラクゼーションスポットや自分でリラクゼーションショップなどをオープンすることもできるでしょう。
ニーズや自分の希望に合わせながら様々な働き方が選べる業種の一つになっています。

収入は?職場は見つけやすい?

リフレクソロジストは上記したように、職場が見つけやすく様々な働き口があるので、就職先で困ってしまうことはありません。
特に今よりこの先はリラクゼーションを求める方々が増える見込みですので、その分比例して、ニーズも高くなっていくでしょう。
また、リフレクソロジストの収入に関しても頑張れば頑張るほど収入アップにつながると言って良いです。

医療機関などで働く場合には、ある程度収入も頭打ちになりますが、自分で独立した場合にはたくさんのお客様に気に入ってもらうことができれば収入がどんどん増えていきます。
医療機関や福祉施設などで働く場合以外なら施術に対する料金なども自分で設定することができるので、自由度も高いと言えますね。