あん摩マッサージ指圧師について

あん摩マッサージ指圧師は需要あるの?

この数年、マッサージを行うような店舗がどんどん増えています。
整体師の方などが常駐していて、肩こりや腰痛などを簡単に軽減してくれます。
こういった場所で働いているのは、あん摩、マッサージ指圧師だと思っている人もいるようですが、実際には民間資格の整体師がほとんどです。
あん摩、マッサージ指圧師というのは実は国家資格になっていてツボや経絡などを十分把握していなければ、この名称で働いていくことはできません。

もちろん国家資格なので、就職先を選ぶ際には選択肢が広がり近年増え続けている前述したようなマッサージ施設ではなく、本格的な医療機関やリハビリ施設などで働くことができます。
またスポーツ選手などを養成するための機関で働きながら健康管理をしていくこともできます。
基本的には自分の手や指などをつかって血行をよくしたり、凝っていふ部分をほぐしてあげるといった療法になります。
しかし、国家資格であるだけに本格的なことをしっかり学びますので、整体師が行ってるマッサージとは違い、一度でもはっきりとした効果が現れるとお客さんに喜んでもらえるような仕事ができます。

独立して自分らしく働いていける

あん摩マッサージ指圧師の資格を取った後は、独立して自分らしく働いていくことができます。
もちろん、医療機関や福祉施設などで勤務することもできますが、最終的には独立して自分だけのスペースを持つことができるので、ここにたくさんのお客さんが来てくれると、その分多くのお客さんに対する施術を行って感謝も増えていくでしょう。
痛くて辛い表情で出向いてきた方も施術を受けた後は体が楽になり、笑顔で帰っテいくという姿が大きな支えになります。

しっかりとした本格的なマッサージを受けて体が楽になったよと言われた時、本当に嬉しくなると言いますね。
この資格を生かしながら働いていくためには、とにかく実習を繰り返すということが最も重要になります。
人によって筋肉の付き方や痛みの程度などが違っているので、そういった体の状態は速さに把握した上で的確な施術をしていかなければなりません。
力が強すぎれば痛みが強いので、あそこのマッサージ師は下手だなって言われてしまうことにもなりますよね。 このような部分は自分の手と感覚で見極めていくしかありませんので、やはり実践が一番大切です。

笑顔で感謝されることが多い

上でも少しお話しましたが、あん摩マッサージ指圧師になると多くの人々から感謝されるようになります。
単純に肩こりなどに悩んでいて、とても楽になったという人から、痛みがひどく歩けないような状態だったにもかかわらず、マッサージを受けたことで自分の力で歩けるようになったなど様々な感謝があります。

こりや痛みに悩んでいる人は自分の力で何とかすることができず、市販されている湿布薬などに頼ってしまうこともありますが、専門的な知識を持ち、体の隅々までを熟知しているあん摩マッサージ指圧師に施術をしてもらうと違います。
たった1時間程度の間で本当に身体が軽くなるといいますよね。
そういった部分で非常にたくさんの方々からどんなときでも感謝されるお仕事です。