歯科衛生士について

歯科衛生士は資格の取得者が増えている

歯科衛生士は、近年資格を取る人がどんどん増えているといわれています。
自分たちが歯医者さんに行ったとき、歯石のクリーニングなどをしてくれるスタッフさんがいますが、それが歯科衛生士さんになります。
口の中を綺麗にするお仕事なんて、憧れちゃいますよね。
歯科衛生士というのは、歯の保健師さんや看護師さんともいわれていて、専門的な知識をしっかりと持つことになります。

歯周病の予防処置をすることや、歯磨きの指導をすること、またこの他に先生が治療を行う際の補助を行うなど、様々なお仕事があるのです。
口腔ケアに関する様々なアドバイスをするだけじゃなく、しっかりと先生の補助をするという部分では、ある意味で独立したイメージがありますよね。
歯科助手さんのように先生に言われたことだけをするのではなく、自分の判断で上でもお話したように歯石のクリーニングをしたり患者さんに対して、多くのアドバイスをするということができる立場です。
歯科衛生士さんは様々な場所で働くことができるし、資格を取るにもそんなに難しくないので高校生のうちから将来は歯科衛生士さんになると、決める人もいるみたいです。

コミュニーケーション能力を高めよう

歯科衛生士は大人の患者さんだけでなく子供の患者さんを扱うことも沢山あります。
なので、コミュニケーション能力をしっかり高めておいた方が良いですね。
色々なお仕事がある中で、子供に携われる仕事は限られているものだから、たくさんの子供たちと仲良くなればいっぱい感謝するされると思いますよ。
>>http://www.jdha.or.jp/dh/

歯医者さんを嫌ってしまう子供に対しても笑顔で接することで、安心して治療を受けてくれるなんていう姿を目の当たりにしたら、とてもかわいらしく感じますよね。
それに子供は安心させてあげることができればお母さんやお父さんからも信頼されると思います。
歯科衛生士さんは女性の歯科医師だと間違われることもありますが、完全に治療することはできません。
それでもできることがたくさんあるので、仕事内容としてはとても充実していると思います。

家族の口腔内も守ってあげることができる仕事

歯科衛生士さんの資格を取っておけば、患者さん以外にも自分の口腔内だけじゃなくて、ご家族の口腔内もしっかり守ってあげることができますね。
虫歯にならないように、どんなことに気をつければよいのか、正しい歯磨きの仕方などをいつでも教えてあげることができます。
もちろん治療が必要になってしまった時はクリニックを紹介してあげるなんていうことだってできるでしょう。
歯を大切にすることは本当にとても重要なことだし、専門的な知識が持てるのもすごく良いことだと思います。

歯科衛生士さんを目指すには高校を卒業した後で文部科学大臣指定、もしくは厚生労働大臣指定の養成所や専門学校に入ることになります。
そして最終的には国家試験を受けて合格すれば、晴れて歯科衛生士さんになることができますよ。