作業療法士について

作業療法士をしっていますか?

作業療法士は様々な作業療法そのものを使いながら病後、そして怪我の後のケアなどを行っていくお仕事になります。
リハビリが必要な患者さんというのは一人一人症状が違っていますので、ぴったりと合ったものを提供する必要があります。
専門的な知識を持つことはもちろんですが、コミュニーケーション能力も求められ、その人の心理状況などをしっかりと把握しながらお勧めの方法でリハビリを続けていくということになります。

作業療法士は粘り強さがとても大切で、目に見えないリハビリに対しストレスを感じてしまう患者さん心のケアもしていく必要があります。
このような形でリハビリの手助けを行い、実際に活動的になった人の喜びをともに分かち合うことができるという部分が非常に大きな魅力と言えるお仕事です 。

作業療法士の収入について調べました

さて、このような作業療法士ですが、実際に資格を取得して働き出したらどのくらいの収入が得られるのかについて調べてみました。
平均的な給料は1ヶ月トータルで26万円から28万円となっています。
その他賞与が与えられる職場の場合には一度の賞与につき30万円前後、年間で60万から65万円前後になります。

平均的な給料の金額を見ていると決して悪くはありませんので、安定した生活をしていくことができるでしょう。
ただし資格を取得するためには相応の勉強が必要になり、リハビリについて詳しい知識を持つだけでなく、心理関係についてもしっかりと学んで行かなくてはなりません。
リハビリテーション医学をはじめとして、病理学概論や解剖学についても学んでいくことになります。

作業療法士を目指していくためには、三年制、4年制以上の大学や専門学校などで学んだ後、国家試験を受けることになります。
また近年ではこちらの資格を取得する人が増えてきているため、競争率も高くなっているという現実があります。
今後に関してはリハビリに対するニーズそのものが高くなっていきますので、作業療法士が活躍できる場面も増えていくでしょう。

試験内容のご紹介

作業療法士になるための試験では前述したように、リハビリテーション医学や臨床心理学だけでなく運動学や生理学なども出題されることになります。
合格率はさほど低くありませんが、徹底的に覚え込んでおく必要があるため、気合を入れて勉強する必要があるでしょう。
様々な養成施設がありますので、お住まいの地域などから探してみると良いですね。

患者さんと接する時間も長く、期間的にも長くなっていきますので、しっかりコミュニケーションを取りながら絆を深めていくことがとても大切なお仕事です。
その上で少しずつでも患者さんに効果が表れ始め、患者さんのモチベーションも上がり作業療法士に対する感謝の気持ちも大きくなります。
自分の提案したリハビリテーション方法でし患者さんにしっかりとした効果が現れた時、非常に大きなやりがいを感じることができるでしょう。