助産師について

助産師というのは何をする仕事なの?

助産師さんというのは、産婦人科で働いてる看護師さんとは違います。
もちろん参加では助産師さんが働いてることもありますが、一般的な看護師さんと同じような認識でいる人も多いのではないでしょうか。
助産師さんというのは出産に対してのプロというだけでなく、出産を迎えるお母さんや出産を迎えた直後のお母さんの様々なケアをしていきます。

ケアだけでなく、わからないことに対しての指導を行っていくというのも、仕事内容の一つになっています。
大きな病院であれば産科医のサポートとして働いていくことになりますが、自分で独立してクリニックを持つこともできます。
ただしこの場合にはあくまでも助産院としての開業になりますので、その他産科に携わるための治療は行えません。

助産師として働いていくためには、まず看護師としての資格を持たなくてはならず、一般的には看護師国家試験に合格した人、もしくは看護師国家試験の受験資格を持つ人が助産師を目指していくことになっています。
まずは看護師の資格を持たなければ助産師として働くことはできませんので、ストレートに助産師を目指していくことはできません。

自分で産院を開くこともできるの?

上記の通り、助産師さんは自分で独立して助産院を開くこともできます。
このような形でお仕事をしているのであれば、自分の裁量に合わせながら仕事をしていくことができるため、収入だけでなく、その他様々な部分で自由度が高いといえるでしょう。
近年では特にアットホームな雰囲気の中で出産をしたいという女性が増えてきていますので、助産師さんのニーズは今まで以上に評価高くなっていく見込みです。

さらに、産科医そのものが少なくなっているという状況もあるため、そういった部分でも大きな病院から助産師さんを求める声が集まっています。
出産に立ち会うというだけでなく1ヶ月間にわたって多くの妊婦さんのサポートをしていきますので、思いやりがあって面倒見の良い人が向いているといえるでしょう。
出産という素晴らしい瞬間に立ち会うことが出来るお仕事です。
ただしその反面で辛い場面に立ち会うこともあるので、そういった部分では精神的に強い気持ちを持ち続ける事や、とても辛い思いをする妊婦さんご本人やそのご家族の方のケアまでしっかりと行っていく必要があります。

男性の助産師って見かけないけど…

男性の場合には産科医と呼ばれる人が出産に立ち会いますが、助産師さんで男性を見かけることはありませんね。
それもそのはず、助産師さんというのは女性しかなれない職業だからです。
男性はあくまでも産科医として働くだけであり、助産師として働いていくことはできません。

そのため女性のみに与えられた国家資格といえるでしょう。
国家試験を受けるためには非常に多くの勉強をしなくてはならず、看護師としての教養も学んでいくことになるため勉強量は莫大ですが、その分助産師として働き始めれば多くの活躍の場面や笑顔に囲まれることになります。