病院

臨床心理士について

心理系民間資格の中でも最難関の臨床心理士

臨床心理士は、メンタル面で悩みを抱えた患者さんに、臨床心理の観点からケアを行い、患者さんの状態回復を行っていくサポートをする仕事になります。
心理軽民間資格の中でも、日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験、臨床心理士資格試験に合格した方のみが取得できる資格で、最難関と言っても過言では無いでしょう。

心理カウンセラー的観点はもちろん、臨床心理の観点から物事を捉えて、患者さんのサポートをしていく必要がありますので、誰でも出来る仕事ではありません。
患者さんがどんな思いで居るのか、どんなケアをすることが最も効果的なのかを判断して、ケアをしていく必要があるでしょう。

患者さんによってケアするべき内容は大きく異なりますので、同じ症状の方でも、しっかりと相談をした上で、判断をすることが大切です。
心の問題は体の問題とは異なり、一概にこれと言った正解がない点が、注意をしないといけないポイントと言えるでしょう。

臨床心理士の仕事は、心理カウンセリングだけではない

臨床心理士は、患者さんの心のサポートをする事が仕事ですが、心理カウンセリングをして、必要に応じてお薬を出すというだけが、仕事ではありません。
例えば、まずは、カウンセリングの前に、臨床心理査定と言う物を行います。

患者さんがどんな状態にあるのが、どの様な事態に困っているのがなど、患者さんの状態をよく観察し、把握した上で、カウンセリングを行っていくのです。
そしてカウンセリングの中で、患者さんにピッタリのケア方法は何かを模索し、必要に応じてケアを行っていきます。
精神分析療法や行動療法、クライアント中心療法など、様々なケア方法があるでしょう。

そして、場合によってはご家族など、周囲に働きかけて、サポートをするようにアドバイスを行います。
周囲のサポートがあってこそケア出来る問題も多々ありますので、適切な働きかけを行い、患者さんや周囲に協力を求めるのです。

このように、患者さんの状況を把握して、必要に応じて周囲にもアドバイスを行なう事も、臨床心理士の大きな仕事と言えるでしょう。

今後も需要が拡大する臨床心理士

近年はストレス社会と呼ばれ、風邪と同じように、心にも病を抱える方がたくさん居ます。
決して珍しい事では無く、いつ何時誰が発症してもおかしく無い体調不良の1つですので、今後も臨床心理士の需要は拡大の一途を辿ると言えるでしょう。

その為、勤務先に困ることは無く、個人で臨床心理士として働かれているという方も少なくありません。
臨床心理士として患者さんに的確なアドバイス、的確な施術を行なう事で、多くの人を救うこととなるでしょう。