子供

スクールカウンセラーについて

子供達の強い味方 スクールカウンセラーとは?

子供達の相談や悩み事などを聞き、必要に応じて解決策をアドバイスする、心強い存在として知られているのが、スクールカウンセラーです。
スクールカウンセラーはその名の通り、学校内で働く心理カウンセラーのことで、学校に通う子供達のメンタルケアを行っていくことが仕事になります。

カウンセラーの下に来た子供達の、悩み相談を初め、愚痴を聞いたりする事で、子供達が元気に学校に通うことが出来るようにケアを行っていくのです。
場合によっては生徒だけでは無く、教師の悩み相談、愚痴聞きなども行い、ストレス解消、悩み解消のサポートを行っていくことも仕事になります。

学校は閉鎖的な空間だからこそ、非常に様々な問題が起きやすいものです。
どんどんと悩みが生まれると言っても過言では無く、まだ成長途上の子供達に、適切なアドバイスを行う存在として知られています。

保護者や教師と連携をしてケアを行なう事も

子供達の悩みの内容によっては、教師や保護者と協力をして、適切なケアを行なう事が必要となるでしょう。

例えば、保護者に暴力をふるわれている、学校でいじめられている等、そのままですと危険な場合も少なくありません。
本人一人では解決出来ないような相談をされたときに、大人として適切な行動をする、必要に応じて、専門機関に相談をするなどのサポートをすることも、スクールカウンセラーの仕事になります。

子供達の悩みは、大人からすると大したことが無いと思ってしまいがちですが、子供達からしたら非常に深刻な事が少なくありません。
そして、本当に生死をさまようような、大人も悩んでしまうような深刻な悩みを抱えている方も少なくないでしょう。
だからこそ、大人同士で必要に応じて、協力をしあうことが重要となります。

小中学校など、主に義務教育課程でケアを行う

スクールカウンセラーは主に、小中学校を初めとした、義務教育課程の学校で働く場が多いでしょう。
もちろん、高校大学などのスクールカウンセラーも居ますが、義務教育に比べると、あまり多くはありません。

高校にもなると、ある程度考えが成熟し、多少の悩みは乗り越えられるようになります。
自分なりのストレス解消方法も見つけ始めている子が多く、利用者が激減することが、理由として考えられるでしょう。

まだ精神が安定していない、未成熟な状態の児童にスクールカウンセラーは必要と考えられていることが多く、需要が高いと言われています。
スクールカウンセラーになるためには、学校側の募集を始め、伝手で始めるという方も多い為、まずはどこかの病院でカウンセラーとして勤めるというのも1つの方法でしょう。